2016年10月24日

1週間23エクササイズとは

1週間23エクササイズというのは、厚生労働省が健康づくりのために運動指針として挙げたものです。
生活習慣病の原因となる内臓脂肪を減らすためには、軽い運動が効果的ですが、1週間に23エクササイズというものを唱えています。
運動と生活活動をあわせて1週間に23エクササイズ以上、そのうち、運動は4エクササイズ以上を目標にしようというものです。
 
厚生労働省の「エクササイズガイド2006」では、生活習慣病予防に効果のある身体活動量の目標を「週23エクササイズ以上の活発な身体活動(3メッツ以上の運動・生活活動)を行い、そのうち4エクササイズ以上の活発な運動を行うこと」としています。
メッツは身体の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位です。
座って安静にしている状態が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当します。
エクササイズは身体活動の強度(メッツ)に身体活動の実施時間(時)を掛けたものです。
例えば、3メッツの身体活動を20分行った場合には、「3メッツ×1/3時間=1エクササイズ」となります。

毎日踏むだけで足の疲れをほぐすフットエクササイズ


●1エクササイズに相当する運動
 
・1.5キロ速歩(15分)
・1.5キロやや速歩(16分)
・筋力トレーニング(軽・中レベル)20分
・体操(軽・中レベル)18分
・ゴルフ(カートを使って)18分
・プールでの水中運動(15分)
 
●1エクササイズに相当する生活活動
 
・1.5キロ歩行(通勤)18分
・4キロ未満自転車(15分)
・1.3キロ歩行(買い物など)20分
・屋内のそうじ(20分)
・1.5キロやや速歩(16分)
・床みがき、風呂そうじ(16分)


posted by 生活アドバイザー at 21:55| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション