2017年01月04日

ピップマグネループの効能と特長


ピップマグネループは友近がテレビのコマーシャルででてますね。
いわゆる磁気により血行をよくして肩こりなどを解消してくれるグッズです。
健康になるピップマグネループの価格は2000円以内とリーズナブルです。
2008年春限定のピップマグネループには限定色がありましたが、人気が高かったようです。
 
肩こりに効く「ピップマグネループ」はループ全体から磁気を放射して首から肩に広く浸透します。
磁気は筋肉内の血行をよくし、コリの悪循環に働きかけ、筋肉のこりをほぐしてくれます。
ピップマグネループは、ピップの磁気が輪になって、手軽にコリをほぐしてくれるネックレスタイプの磁気治療器(医療用具)です。
今度のマグネループはスリムで軽い機能は同じで38.7%も軽くなっています。



ピップマグネループの効能と特長としては、
・やわらかい肌ざわり。
・細くて軽い!快適フィット!
・磁気のループが肩のコリに効く。
・ループ全体から磁気を放射。首から肩に広く磁気が浸透。
・水洗いできる。
・無理な力がかかるとはずれる安心設計。
・着脱カンタン。
・磁束密度55ミリテスラ 永久磁石
・〈効能・効果〉装着部位のこり、血行がよくなる



【関連する記事】
posted by 生活アドバイザー at 21:22| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

フットマッサージ機でむくみ解消


フットマッサージ機とは

日々の家事や立ち仕事、デスクワークでだるい足にフットマッサージ機は大活躍します。特にむくみが気になる女性が多いですよね。

ふくらはぎ、足首、ふとももが特にむくむようです。エステサロンは場所や営業時間が限られている上に、料金も決して安いものではありません。

特に、寒さが増す冬などは、体の代謝や血流が悪くなり、むくみを取るのが大変です。


お風呂に浸かってみたり、ストレッチをしたり、仰向けで足をブラブラとしてむくみが解消されたかも?と思う場合もあります。

ですが、足の疲れが溜まってしまった場合は何日も疲労感が残ります。

何かもっと積極的に癒してくれて、自分は何もせずにラクにむくみを何とかしたい!!
そんなときに、効果絶大なのがフットマッサージ機です。



気になるフットマッサージャー機の機能は「エアーほぐし」や「足裏指圧」などです。

とても気持ち良さそうですね。

具体的な機能はエアーで足を加圧し、そして空気を抜くことにより足の疲れをほぐしてくれます。


例えば歩き過ぎて疲れた場合は、足裏にあるツボを刺激してくれます。

とっても足が楽になりますよ。

そして足全体からも疲れを取り除いてくれてスッキリとします。

エアーと圧力での揉みほぐしが足先と側面と両方でできるのです。

それがフットマッサージ機なのです。


フットマッサージ機でむくみ解消

むくむになる仕組みとは、体内の水分が増加してしまい、皮膚の下にたまってしまった状態のことです。

血液中の水分が血管やリンパ管の外に出てしまうことでおこります。

自分がむくんでいるかどうかというのは、1番症状が現れやすい顔や足などで判断できるので判断が分かりやすいものです。

医学的には浮腫といいます。

果たして、むくみはどのような原因でおこるのでしょうか。

むくみの理由が水分の取りすぎ、座りっぱなし、疲労やまたは立ち作業などです。




運動不足、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因があげられます。

むくんだかな。と思ったらすぐに解消させるのが正解です。

むくんでしまった足をそのまま放置しておくと翌日多少のおさまりがあるでしょう。

しかし、確実に足には水分が含んでいき少しずつ大きくなっていっています。

このむくみを何もせずに放ってしまうことを繰り返せば、あまった水分が重力で下へと垂れ下がり、足が太くなってしまうこともあります。

足を太くさせないためには、その日のうちにむくみを取り除くということを日々意識して対策を取っていくことです。

むくみは気になるけど、ついつい何もせずだるさを残したままの人。





posted by 生活アドバイザー at 05:52| 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

1週間23エクササイズとは

1週間23エクササイズというのは、厚生労働省が健康づくりのために運動指針として挙げたものです。
生活習慣病の原因となる内臓脂肪を減らすためには、軽い運動が効果的ですが、1週間に23エクササイズというものを唱えています。
運動と生活活動をあわせて1週間に23エクササイズ以上、そのうち、運動は4エクササイズ以上を目標にしようというものです。
 
厚生労働省の「エクササイズガイド2006」では、生活習慣病予防に効果のある身体活動量の目標を「週23エクササイズ以上の活発な身体活動(3メッツ以上の運動・生活活動)を行い、そのうち4エクササイズ以上の活発な運動を行うこと」としています。
メッツは身体の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位です。
座って安静にしている状態が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当します。
エクササイズは身体活動の強度(メッツ)に身体活動の実施時間(時)を掛けたものです。
例えば、3メッツの身体活動を20分行った場合には、「3メッツ×1/3時間=1エクササイズ」となります。

毎日踏むだけで足の疲れをほぐすフットエクササイズ


●1エクササイズに相当する運動
 
・1.5キロ速歩(15分)
・1.5キロやや速歩(16分)
・筋力トレーニング(軽・中レベル)20分
・体操(軽・中レベル)18分
・ゴルフ(カートを使って)18分
・プールでの水中運動(15分)
 
●1エクササイズに相当する生活活動
 
・1.5キロ歩行(通勤)18分
・4キロ未満自転車(15分)
・1.3キロ歩行(買い物など)20分
・屋内のそうじ(20分)
・1.5キロやや速歩(16分)
・床みがき、風呂そうじ(16分)


posted by 生活アドバイザー at 21:55| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生活に役立つ情報コレクション